プログラミング

夏休みにプログラミング体験をおすすめする6つの理由

2020年から小学校でも始まるプログラミング教育を、時間がある夏休みに体験してみませんか?

毎年夏休みが近づくたびに、「こどもとどうやって過ごそうか……」と悩むママは多いでしょう。

特に小学生の場合、夏休みの宿題の中に自由研究もあり、ママも一緒に頑張らなければならない場面があります。

今回は、そのようなママにおすすめの、夏休みに体験できるプログラミングイベントや教室を紹介します。

夏休みに体験できるプログラミング教室の中には、夏休みの自由研究にぴったりなワークショップが開催されているものがあります。

今回は、夏休みにプログラミングをおすすめする6つの理由とともに、2018年の夏休みに実施されるプログラミング体験教室を紹介していきます。

今から申込をすれば間に合うイベントも多数ありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

<最後には、夏休みにおすすめの無料プログラミング体験教室も紹介します。どうぞお見逃しなく!

プログラミングを体験するなら集中して学べる夏休みに!

長い長~い夏休み。小学生であれば、約1か月半が夏休みというご家庭も多いでしょう。

ママの中には、夏休み期間中の子供との時間の過ごし方に悩み、憂鬱になる人も多いのではないでしょうか。

しかし、長い夏休みにこそ、チャレンジできるものはたくさんあります。

植物や虫を育てて観察したり、キャンプに行って自然と触れ合ったり……。普段の生活では時間が割けないこともじっくり取り組めるのが、夏休みのいいところでしょう。

今回はその中でも、2020年から小学校でも必修化される、プログラミング学習についてピックアップします。

ママの中には、プログラミングに興味はあっても、なかなか触れる機会がないという人も多いでしょう。

実は、プログラミング教室の中には、毎年夏休みに体験教室を実施しているところがあるのです。

夏休みにプログラミング体験をおすすめする6つの理由

夏休みにプログラミング体験をおすすめする理由は、以下の6つです。

  1. 自由研究の課題にできる
  2. 期間限定でお得に体験できる
  3. 体験したあとにスクール入会するか決められる
  4. 夏休みの思い出作りになる
  5. 有名大学で学べる
  6. プレゼンスキルが身につく

詳しくは、次の項目から解説していきます。

【おすすめの理由1】プログラミングは夏休みの自由研究課題にぴったり

ママが夏休み前に憂鬱になってしまう理由の一つに、「夏休みの自由研究」があるのではないでしょうか。

実際に、小学生が1人で自由研究課題を決めて実施することは難しいでしょう。

ママの協力なくしては、自由研究課題提出までたどり着けないケースも珍しくありません。

そのようなときにおすすめなのが、夏休みのプログラミング体験です。

夏休みに開催されるプログラミング体験教室の中には、夏休みの自由研究にピッタリなものがあります。

例えば、プログラミングスクール「LITALICOワンダー」の夏休み特別講習「SUMMER LAB(サマーラボ)」

LITALICOワンダーのサマーラボでは、12ものワークショップが開催されます。

中でも小学生におすすめしたいのが、「立体ビー玉迷路づくり」と、「ミニコンピュータでつくるガンシューティング」です。

いずれも作った作品は持ち帰りOKで、当日のレポートとともにまとめれば、立派な自由研究課題になるでしょう。

まゆみ
まゆみ
LITALICOワンダーのサマーラボは、普段からものづくりが好きな子、ロボットや機械に興味のある子におすすめです!

【おすすめの理由2】夏休みのプログラミング体験は料金がお得

みなさんは、プログラミング教室の通学にかかる費用をご存知でしょうか?

実は、プログラミング教室の入会には、およそ10,000円の費用がかかります。さらに、毎月の月謝も10,000円以上かかるスクールが多く、毎月の出費がかさむのが現状です。

その点、夏休みに開催されるプログラミング教室は、1回あたり10,000円未満で参加できるものが多数あります。先ほど紹介したLITALICOワンダーのワークショップも、6,000円台から参加できます。

作品を持ち帰られることを考えると、お得な体験と言えるでしょう。

さらに、このような体験教室に実際にスクールに入会すると、入会金が割引になるものもあります。

2学期からプログラミングを始めようとしているならば、夏休み体験で割引制度のあるスクールをチェックしてみましょう。

まゆみ
まゆみ
LITALICOワンダーは体験教室も実施されているので、ぜひのぞいてみてください↓

【おすすめの理由3】夏休みのプログラミング体験で継続するか決められる

前述したように、プログラミング教室に通うとなると、毎月10,000円以上の費用がかかるケースが多いです。さらに、プログラミングを始めるにあたり、PCを新調する場合もあるでしょう。

親としては、最初に費用がかかればかかるほど、「頑張って続けてほしい」と願うもの。

しかし実際は、子供の興味は移り変わりやすく、プログラミングを楽しく続けられるかどうかも分からないのが現状でしょう。

その点、夏休みにプログラミングを体験すると、実際にプログラミングに触れてみてから、継続できそうかどうかを判断できます。

複数のスクールを体験できるので、お子さんに合ったプログラミングスクールをじっくり決められるでしょう。

【おすすめの理由4】夏休みのプログラミング体験は合宿できるものがある

この記事を読むママの中には、中高生のお子さんを持つ人もいるでしょう。

実は、中高生向けの夏休みのプログラミング体験教室の中には、合宿スタイルで学習できるイベントもあります。

例えば、サイバーエージェントグループのプログラミングスクール「Life is Tech!!(ライフイズテック!)」では、夏休みにサマーキャンプが開催されています。

ライフイズテック!のサマーキャンプは、「通い」と「宿泊」の2つから参加方法が選択できます。

宿泊プランでは、合宿ならではの夜のイベントや、みんなで衣食住を共にする楽しさがあります。ライフイズテック!スタッフも一緒に行動するので安心でしょう。

プログラミング学習と、夏休みならではの思い出作りができるので、きっとお子さんも充実した時間を過ごせるでしょう。

延べ28000人が参加する、毎年人気のイベントです。

まゆみ
まゆみ
Life is Tech!!からは、ディズニーのプログラミング教材もリリースされています。こちらを夏休みに体験してみるのもいいですね!
【高い?】テクノロジア魔法学校の価格や評判を徹底解説 サクッとまとめだけ読む! 先日、わたしのtwitterアカウント(@mayumi85596132)で、テクノロジア魔法...

【おすすめの理由5】夏休みのプログラミングは有名大学で学べるものがある

先に紹介したライフイズテック!のサマーキャンプは、北海道から九州にわたる、全国の大学のキャンパスで開催されています。

例えば、東京であれば、東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学など。その他、北海道大学、立命館大学、名古屋大学、九州大学といった、一流大学でプログラミングを学習できます。

受験を控える中高生にとって、このような有名大学で学べるのは刺激的な経験になります。

もし、サマーキャンプが開催される大学の中に志望校があれば、実際に行って学ぶことで、さらに学習のモチベーションが上げられるでしょう。

【おすすめの理由6】夏休みのプログラミング体験でプレゼンスキルが身に付く

夏休みに開催されるプログラミング講座では、最後に子供たち自身で作品を発表する場が設けられています。

例えば、学研のプログラミングスクール「Gakken Tech Program」。このスクールでは、夏休みに7つのプログラミング学習コースが実施されます。

Gakken Tech Programの学習プログラムの中には、「プレゼンテーションタイム」が含まれています。グループの中で、自分の成果物を発表する機会があるのです。

さらに、各グループで代表者を決めてプレゼンすることもあります。

たくさんの参加者の前で発表する度胸や、理解を得るための説明文を考える思考力を養うこともできるでしょう。

夏休みに受講できるプログラミング教室5つ


ここからは、2018年の夏休みに開催されるプログラミングイベントや体験教室を5つ紹介していきます。

Life is Tech!!サマーキャンプ

中高生向けのプログラミングサマーキャンプです。通いプランと宿泊プランから選べ、日程も4・5・8日間の3つから選べます。

アプリやゲーム、デザイン、ミュージックなど、17ものコースが実施されており、お子さんの好みに合わせてチョイスできるでしょう。

Tech Kids CAMP Summer

小学生向けのプログラミングスクール「CA Tech Kids」の夏休み体験コースです。2・3・5日間の3つのコースから選べます。

3~4人に1人の講師が付く少人数制プログラムなので、小学校低学年のお子さんや初心者のお子さんも安心でしょう。

まゆみ
まゆみ
CA Tech Kidsには、オンラインのプログラミング学習コース「キュレオ」もあります。1ヵ月分のレッスンが無料で試せるので、まずはこちらからアクセスしてみてはいかがでしょう♪

Gakken Tech Programプログラミングサマーキャンプ

学研のプログラミングスクール「Gakken Tech Program」が夏休みに開催するプログラミング講座です。小中学生が対象で、スクラッチやマインクラフトなど、7つの学習コースから選べます。

日程は1Dayと3Daysの2種類で、複数のコースを組み合わせて受講することも可能です。

LITALICOワンダーSUMMER LAB

LITALICOワンダーが夏休みに実施するプログラミング特別講習です。下は幼稚園年長、上は高校生と、幅広い年代が参加できるのが嬉しいポイントでしょう。

おやこで参加できるプログラムもあるので、小さいお子さんにおすすめです。1回5,400円の手ごろなイベントもあります。

プロテック倶楽部

プロテック倶楽部は、プログラミングとものづくりを組み合わせた教室です。夏休みや冬休みなどの長期休みには、プログラミングイベントが開催されています。

2018年夏休み向けのイベントは3つで、1日限定のものや2泊3日の宿泊プランもあります。長期休み限定イベントに参加したのちにスクールに入会すると、入会金が半額になるキャンペーンが実施されていますよ。

夏休みにおすすめの無料プログラミング体験教室

ここまでは、夏休み中に有料で参加できるプログラミング教室やイベントを紹介してきました。

しかし、夏休みに開催されるプログラミングイベントの中には、無料で参加できるものも多数あります。

また、プログラミングスクールの中には、無料の体験教室を実施しているものがあります。時間のある夏休みに、このような無料体験に参加するのもいい方法でしょう。

ここからは、2018年の夏休みに参加できる、無料のプログラミングイベントや体験教室を4つ紹介していきます。

CodeCampKIDS無料体験授業

小中学生向けのプログラミングスクール「CodeCampKIDS」の無料体験教室です。大崎教室で開催されています。

まゆみ
まゆみ
「CodeCampKIDS online」では、教室が近くないお子さんもオンライン上でプログラミング学習を始められますよ!

アーテック ロボットプログラミング体験教室

学校教材や教育玩具のメーカー「アーテック」のロボットプログラミング教室です。全国各地で体験教室が開催されています。

アーテックのロボットプログラミングキットについては、以下の記事で紹介しています。合わせて参考にしてくださいね。

【夏休みの自由研究】小学生におすすめのプログラミングキット4選 小学校の夏休みが始まる前は、いろいろと憂鬱になるママもいるでしょう。 中でも、子供の自由研究に頭を悩ませる人は多い...

IT KiDS無料体験教室

プログラミングスクール「IT KiDS」の無料体験教室です。吉祥寺校と武蔵野緑町校の2校で実施中です。

ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」

ヒューマンキッズサイエンスが開催するロボットプログラミング教室です。全国各地で体験授業が開催されています。



※終了※NTTデータ 夏休みこどもIT体験

NTTデータが2018年7月28日(土)29日(日)に開催するプログラミング体験教室です。

NTT DATA 駒場研修センターが会場。応募締め切りは2018年7月1日ですのでお早めに。

長い夏休みこそプログラミングを体験しよう!


小学生を始めとしたこどもたちは、平日は習いごとや部活で忙しい毎日を送っているでしょう。

プログラミングに興味があったとしても、普段の生活の中で触れる機会をなかなか作れないのではないでしょうか。

しかし、夏休みは、いつもよりも時間や気持ちに余裕ができ、新しいことにもチャレンジしやすい期間です。

この休みをうまく利用して、ぜひプログラミングにチャンレンジしてみてください。

プロに集中的に学べるプログラミング特別講座は、こどもの夢を持つきっかけにもなるでしょう。

あなたも、この夏休みを、お子さんの世界を広げる期間にしてみませんか?

\人気のロボット体験はこちら!/



ABOUT ME
まゆみ
クラウドソーシングでWEBライターに励む元転妻(転勤族の妻)。引っ越しを繰り返した経験を持ち、転居のたびに娘の習いごとの場所を変えるのが大変でした。そんなときにオンライン学習の存在を知り、場所が変わっても続けられるのに感動!同じように悩む転妻さんやママにこの情報を伝えるべく、「おやこでレッスン!」を立ち上げました。